ジェットスターの機内食は予約制になっている

沖縄入りを計画している人は沖縄航空券をチェックしてみましょう。沖縄航空券ですが、沖縄行きのフライトが多数出てきます。最近はバニラエアーやジェットスター、ピーチなどの格安航空会社についても豊富にチケット販売されています。

みなさんも報道等で格安航空会社についての情報を見たことがあることと思います。まず驚くのはチケット代の安さです。
今までの感覚では考えられないくらい安い価格でチケットは発売されています。
なぜこんなに安いのか?というとチケット代を最大限に下げるために、サービスのカットなどあらゆる工夫をしているからです。
航空運賃はサービス代も込みで提供されています。そのため、従来の航空会社は格安航空会社よりも高値で発売となっているのです。

ジェットスターについても人気の高い格安航空会社です。ジェットスターですが公式サイトからも予約することができます。
予約内容を見てみるとチケットはもちろん、その他の有料サービスもあります。有料サービスはどういったものがあるのか?というとまずは預け荷物です。預け荷物は従来の航空会社では20kg無料などのサービスが付加されています。これも航空運賃に含まれているわけです。

ところがジェットスターについては荷物の分は航空運賃に含まれていません。もし荷物を預けたいならプラスで料金を支払うこととなります。
また食事についても迷われている方がいることと思います。食事ですが、機内食についても有料オプションで提供しています。

有料オプションとなりますが、食事を取りたい人は機内食を利用するといいでしょう。ジェットスターの機内食は1000円となっています。
コンビニなどのお弁当と比べると若干高いですが、チケット代が安いのでこれをプラスにしてもそんなに損失感はないはずです。

機内食をプラスすると現地入りしてからの時間節約にもつながります。現地に到着したら、すぐにでも出かけたいといった人は、フライトの時間を活用して食事の時間をカットしましょう。食事についてもけっこう時間がかかります。1時間なんてすぐに経過してしまいます。

節約についてもメリハリをつけて行うことが大事です。ただ節約すればいいというわけではなく、時間の節約と比較して節約することも大事です。お金をかけるところはきちんとかけて、その分時間を買えばいいわけです。

ドリンクについても機内販売しています。飲み物についても飛行機で落ち着いたからゆっくり摂取したいところです。